さだまさし原作「サクラサク」2014年4月5日全国公開

福井県美浜町は若狭湾に面した海辺の町。歌手さだまさしさんの小説・映画「サクラサク」の舞台です。
サクラが咲く春、新しい出逢いを求めて、小説の世界を旅してみませんか?

家族崩壊(冬)から家族再生(春)へ。人々の心に満開の桜を咲かせたい。

瑞林寺(美浜町早瀬)

この小説『サクラサク』は、都会に住む崩壊寸前の家族が、認知症の症状が出始めた父の思い出の地を訪ねながら家族の絆を取り戻していく家族再生のドラマで、美浜町早瀬の「瑞林寺(作中は瑞泉寺)」が舞台となっています。
東日本大震災は、改めて「家族の絆」の大切さを教えてくれました。壊れたものを元に戻すのではなく、より大きく強い『絆』で結ばれてこそ「本当の再生」になるのではないでしょうか。
福井の自然と風景が織りなす映像美の中で描き出します。

監督・脚本家が決定!脚本製作中!!

監督 田中光敏氏

2001年東京国際映画祭コンペ作品『化粧師-kewaishi』で映画監督デビュー。 03年さだまさし原作『精霊流し』を映画化し、第21回日本映画復興奨励賞を受賞。 09年東映系全国ロードショーにて『火天の城』が公開された。卓越した洞察力と洗練された映像美に定評がある。 13年「利休にたずねよ」(13年12月公開)モントリオール世界映画祭で最優秀芸術貢献賞を受賞。

脚本 小松江里子氏

主な作品として、NHK朝の連続テレビ小説『どんど晴れ』、大河ドラマ『天地人』を担当。2008年橋田賞を受賞。常に視聴者に共感させる人間愛を描くことが出来る日本を代表する脚本家。