若狭美浜~日本海の恵みを受けた、美しい自然~

Menu

美浜物語

早瀬の子供歌舞伎

子供歌舞伎

若狭の水郷「三方五湖」の湖口に位置する美浜町早瀬に、地方芸能「子供歌舞伎」があることは案外知られていないようです。 江戸時代、早瀬にコレラが流行し、多数の死者が出ました。その時、区内のお寺の住職が「これは神仏の祟りである。寺社に子供歌舞伎を奉納せよ。」との託宣を受けました。そこで区内の寺社に子供歌舞伎を奉納したところ、コレラの流行はおさまったと言い伝えられています。ただ残念ながら文献などは確認できません。

子供歌舞伎は毎年5月5日、日吉神社例大祭に社前をはじめとする区内各地巡行する山車の舞台で上演されます。祭礼の期日については、昭和50年(1975年)までは5月7日を宵宮、5月8日を本祭、5月9日を後宴として3日間にわたって行われていましたが、昭和51年~55年男児の減少と費用の負担の大きさから歌舞伎を中断した後、昭和56年の再開の際に5月5日に変更されました。

子供歌舞伎

5月5日祭礼当日、午前5時半から化粧・着付けが始まり、午前7時から日吉神社で神事が開始されます。午前8時半ごろ役者が神社に参拝し、拝礼やあいさつを終えると境内で子供会の太鼓と浦安の舞が奉納され、続いて社前の山車で「寿式三番叟」が奉納されます。上演は1組25分間で3組全ての奉納が終わると次へと移動します。

役者となるのは小学校4・5年の男子で、現在は「寿式三番叟」のみ奉納していますが、江戸期から大正期には「鎌倉三代記」「太閤記」「三勝半七」「梅忠」など、120余の台本から時代物・世話物・艶物を選んで上演していました。昭和に入り、芝居は2幕になり、昭和42年(1967年)ごろから、「寿式三番叟」のみが上演されるようになりました。

子供歌舞伎

江戸後期から大正時代の早瀬は廻船を多く備えた水産物の集散地、また稲扱機の生産地として、商家や旅館、料亭が立ち並ぶ港町として繁栄しました。そういった財力を背景に、美浜町では他に例を見ない華やかな芸能「子供歌舞伎」が続けられてきたのです。

行事の日程(美浜の祭り・イベント:5月)

子供歌舞伎