若狭美浜~日本海の恵みを受けた、美しい自然~

Menu

おすすめ観光ポイント

歴史散策ポイント

所要時間

佐柿の町並み

町並み散策(所要時間20分~30分)

佐柿の町並み

国吉城址

山頂登山(所要時間30~40分)

国吉城城主居館跡(奥)と佐柿町奉行所跡の石垣
国吉城城主居館跡(奥)と佐柿町奉行所跡の石垣
山頂の本丸跡に立つ国吉城址碑
山頂の本丸跡に立つ国吉城址碑

説明

国吉城は、若狭守護大名武田氏の重臣、粟屋越中守勝久が弘治2年(1556年)に築いた山城で、永禄6年(1563年)からの数年間、攻め寄せる越前朝倉氏の軍勢を相手に壮絶な籠城戦を繰り広げました。
ふもとの佐柿区は、国吉城の城下町として開かれ、江戸時代は丹後街道の宿場町として栄え、現在も当時の歴史的景観と情緒にあふれた町並みを残しています。

「国吉城と粟屋勝久」に関するお話

お問い合せ