若狭美浜~日本海の恵みを受けた、美しい自然~

Menu

観光地案内

野外彫刻

美浜町には「彫刻の森」をはじめ、各所に野外彫刻作品が多数展示されています。

野外彫刻マップ
野外彫刻

作品紹介

作品名「立地体」(作家:長谷 光城)

作品名「立地体」(作家:長谷 光城)

制作にあたり、大地に立つ形を求めての「立地体」その地に最もふさわしい形を求めての「立地体」という二つのことから考えを深めていきました。
(設置場所:山上の国道27号沿い)

作品名「構造`89A」(作家:飯塚 八朗)

作品名「構造`89A」(作家:飯塚 八朗)

風景に対して、人工的な直線を基本とする構築的造形を調和させること、その造形の内部空間に入り込み、内から外へと向かう連続する空間を具体的に体験することができるものであることを意図している。
(設置場所:久々子 彫刻の森)

作品名「HARMONY RIDGE #23」(作家:ROBERT LOBE)

作品名「HARMONY RIDGE #23」(作家:ROBERT LOBE)

日本の人々に私の作品を見ていただけるのは名誉であるし、大変うれしいことです。私は自分の彫刻を感覚化し、独特のリズムとリアリティーをもたせ、いつもの材料にし、特定の瞬間の岩や木の関係の記録にする。
(設置場所:久々子 彫刻の森)

作品名「空から空」(作家:飯塚 八朗)

作品名「空から空」(作家:飯塚 八朗)

人為的、機械的な自然の私物化・現代の動について、生命をもたない物質=空気を素材の一つとし、自然における物質と物質との関係、物質たる「空気」の動の変化や変様の触覚、視覚化を表出する。
(設置場所:久々子 彫刻の森)

作品名「円形のオブジェ」(作家:河崎 良行)

作品名「円形のオブジェ」(作家:河崎 良行)

「公的な野外空間に設置される彫刻は、純粋な空間性を持つことにより、その役割を果たすべきであるとかんがえている。この作品は円と方形による幾何学的フォルムを用い合理的な秩序と内部空間を生みだすことにある。
(設置場所:久々子 彫刻の森)

作品名「ノーム(地精)の円柱」(作家:村上 章一)

作品名「ノーム(地精)の円柱」(作家:村上 章一)

「岩は風化しながら、草と木を育て、草と木は成長しながら風化を進行させる。その長い繰り返しの後、偶然一本の柱状の形態が現れた」という、この円柱の歴史は、私の心象が虚空に見た幻です。
(設置場所:久々子 彫刻の森)

作品名「空間のメヴィウス」(作家:牛尾 啓三)

作品名「空間のメヴィウス」(作家:牛尾 啓三)

石を彫刻の素材に選んで15年程になります。近年では製作中に「石との対話」という様なことを感じるようになりました。この作品が美しい美浜の風景にどの様にとけ込んで行くか、今後も見守っていきたいと思います。
(設置場所:レインボーライン)

作品名「現前9001」(作家:沈 文斐)

作品名「現前9001」(作家:沈 文斐)

太陽と海の美しい美浜。限りなく反覆されてくる声のない余韻。一つ、一つ近付き、一つ、一つ消えてゆく記憶の破片の中で、透明で開かれた窓で、たてる意志の標柱。
(設置場所:水晶浜)

地図

彫刻の森

福井県三方郡美浜町久々子寺山公園内